ジャンバラヤってどこの国の料理?意味は?

ジャンバラヤってどこの国の料理?意味は?アメリカ

ジャンバラヤってどこの国の料理?

ジャンバラヤはアメリカ南部の名物料理である。

特にルイジアナ州を代表する料理で、スペイン、フランス、アフリカ、ネイティブアメリカンなど、さまざまな文化の影響が混在する活気に満ちた地域がルーツだ。

ジャンバラヤの歴史は、スペイン人がニューオーリンズに到着し、地元の食材を使ってパエリアを再現しようとしたことから始まります。

ジャンバラヤの意味

そもそもジャンバラヤの意味って何?全然英語じゃないと思っている方も多いと思います。

それは正しいです。ジャンバラヤは合成語で、フランス語でハムを意味する「ジャンボン」と、アフリカの言葉で米を意味する「ヤ」が語源とされています。このように名前からも多文化を反映したアメリカ料理でありながらフュージョン料理であることがわかります。

こちらは個人的に日本の釜めしのような容器で作っていて親近感があるジャンバラヤの製造風景。

Good cheap food near New Orleans – The Jambalaya Shoppe in Gonzales

ジャンバラヤの食材

セロリ、パプリカ、タマネギの3つが基礎となります。そして鶏肉、アンドゥイユ・ソーセージ(ルイジアナ州のクレオール料理でよく使われる燻製ソーセージ)、ハム、エビやザリガニなどの魚介類などがよく使われる食材です。

これらの食材は、米と、ニンニク、塩、カイエンペッパー、時にはクレオール調味料などのスパイスと混ぜ合わされます。

ちなみにこちらがアンドゥイユソーセージ。これをご飯に混ぜるだけでも美味しそうだ。

クレオール風ジャンバラヤとケイジャン風ジャンバラヤという2つの潮流

ジャンバラヤには、大きく分けて2つの種類があります。「レッドジャンバラヤ」「シティジャンバラヤ」と呼ばれるクレオールジャンバラヤと、「ブラウンジャンバラヤ」「カントリージャンバラヤ」と呼ばれるケイジャンジャンバラヤです。

これら2つの主な違いはトマトの使い方にあります。

もともとはスペイン料理のパエリアにヒントを得て、初期のジャンバラヤは地域の資源を反映した地元の食材で作られていました。スペイン人入植者たちは、パエリアに使われるサフランが高価で手に入らなかったため、トマトで代用し、クレオールのジャンバラヤが誕生したのです。

そして19世紀のアメリカ南部の拡大により、カナダからフランス語圏のアカディアンがルイジアナに流入した。トマトが手に入りにくいルイジアナ州バイユーなどの農村部に住み着いたケイジャン人たちはトマトを使わず、肉や野菜、スパイスをふんだんに使った独自のジャンバラヤを作り出すことになります。そしてさらにアンドゥイユソーセージが加わり、より茶色くスモーキーな感じのケイジャンジャンバラヤの誕生となりました。

まとめるなら、赤いのがクレオールジャンバラヤ、茶色いのがケイジャンジャンバラヤといえる。

日本でのジャンバラヤ

余談だが、日本のファミリーレストランではデニーズの影響なのか、ジャンバラヤがあるチェーン店が結構ある。そしてそれらは大抵茶色い。ケイジャンタイプが圧倒的優勢だといえよう。

思うに日本ではオムライスの中身のご飯としてもよく食べられる、通称チキンライスがというチキン入りトマトライスが赤いためだ。それと区別がつかないとファミリーレストラン側が考えたんじゃないだろうかと思っている。

完全に自分の記憶からであるが、90年代にはケイジャンジャンバラヤと書いてあるメニューがジャンバラヤと呼ばれるように今ではなっていて日本でのCivil Warは決着がついたようだ。

ちなみにこちらがクレオールジャンバラヤ。ケイジャンと比べるととても赤い。

Louisiana Creole Jambalaya

コメント

タイトルとURLをコピーしました