ナチョス、そしてパチョスへ…

ナチョス、そしてパチョスへ...アメリカ

実は100年に満たないナチョスの歴史

1940年代、メキシコのピエドラス・ネグラスへ。この国境の町でナチョスが誕生した。ビクトリークラブのマイスター、イグナシオ・ナチョ・アナヤが、ダンカン砦に駐留する米兵の妻たちのために考案した料理である。アナヤはトルティーヤチップスを皿に並べ、シュレッドチェダーをまぶして焼いた。そして、そのとろけるような逸品に、ハラペーニョをトッピングした。こうして、「ナチョズ・スペシャル」、後に「ナチョス」が誕生したのだ。

nachos-5539014_1280 ナチョス、そしてパチョスへ...

そして今やそのささやかな起源を越えて、世界中のスポーツ競技場、映画館、家庭で定番となりました。スーパーボウルでのパーティーで楽しんだり、自宅で映画鑑賞をしたり、夜食として食べたりと、ナチョスは私たちの食文化に欠かせないものとなっています。

ナチョスの変容

また無数の地域的なバリエーションを生み出してきました。例えば、テキサス州の「ボールパークナチョス」は、溶けたチーズソースとハラペーニョのピクルスがかかっており、オリジナルレシピの焼いたチーズとはかけ離れている。

ハワイでは、パイナップルを加えて独自のアレンジを加えている。さらに、甘いシナモンのトルティーヤチップスにチョコレートやキャラメルソースをかけ、粉砂糖をまぶしたデザートバージョンもある。

ナチョスの魅力はそのアレンジのしやすさにもある。トルティーヤチップス、チーズ、ハラペーニョが原型だが、現代のレシピではそのバリエーションは飛躍的に増えている。牛ひき肉、鶏肉、リフライドビーンズ、ワカモレ、サワークリーム、ピコデガロ、オリーブなど、その可能性は無限だ。今やベジタリアンから肉好きまで、あらゆる人に対応できる料理といえる。

栄養面

ナチョスはジャンクフードに分類されることが多いのですが、よく考えて作れば充実した食事になるのです。上質なトルティーヤチップスで全粒粉を摂取し、豆や肉でタンパク質を摂取する。さらに、トマト、レタス、アボカドなどの野菜から摂れる食物繊維とビタミンが加われば、一皿でバランスのなかなか良い食事になります。健康食品の賞は取れないかもしれないが、栄養価はなかなかである。

とても愛されていてナチョスの日さえあります。私は知りませんでしたが毎年11月6日は「ナチョスの日」とされていて世界中の愛好家がお気に入りのスナックに敬意を表しているようです。

世界のナチョス

21世紀の今、東京、イスタンブール、シドニー、トロントなど、どこへ行っても探せば大抵ナチョスはありメキシコ料理の定番メニューともいえます。

スポーツの世界では特にナチョスは国境を越える世界共通語といえるかもしれない。野球やサッカーの会場ではナチョスの手軽な調理、手軽な食べ方、そしてその美味しさ、全てがベストマッチしているためか多くの場所で見かける。おまけに安くて量が多いので長い試合でも大丈夫だ。

パチョス、あまり知られていない親戚

ナチョスが広く親しまれている一方で、あまり知られていない親戚がいます。ポテトナチョスです。

USAを挟んでメキシコから北側に飛んだカナダ、そこで発祥した通称パチョスです。これは伝統的なトルティーヤチップスをワッフルフライやテイタートッツに置き換えたものです。チーズ、サワークリーム、グリーンオニオンなどがトッピングされることが多いです。

パチョスはポテトが好きな人や、伝統的なナチョ料理に違ったテイストを求める人に喜ばれる、楽しいスピンオフ料理です。ポテトは世界中どこの人も好きな食べ物であるし、ナチョスが80年ほどでこれだけ流行っているので10年も経てばパチョスの時代もやってくるかもしれませんね。

PR

bgt?aid=240702617558&wid=002&eno=01&mid=s00000021625001006000&mc=1 ナチョス、そしてパチョスへ...0 ナチョス、そしてパチョスへ...

銀座の行列店「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」公式オンラインショップ【俺のEC】0 ナチョス、そしてパチョスへ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました