ブルーチーズの定番5種  チーズの王様ってどのチーズ?

ブルーチーズの定番5種  チーズの王様ってどのチーズ?ヨーロッパ

有名な5種類のブルーチーズ

ブルーチーズはその印象的な外観としっかりとした強めの独特な風味で有名です。青や青緑の葉脈が特徴的なブルーチーズには様々な種類があり、それぞれにユニークな特徴や起源や料理への活用法があります。

ゴルゴンゾーラ  ドルチェ?ピッカンテ?

ゴルゴンゾーラにはドルチェとピッカンテという2つの種類があります。甘いを意味するドルチェはソフトでクリーミー、マイルドな味わい。辛いを意味するピッカンテはその名の通り硬めで刺激的な味わいです。こちらは牛の乳から作られ、青緑色の葉脈が特徴的です。

原産地は?

論争はあるが、中世にイタリア・ロンバルディア州ミランのゴルゴンゾーラで初めて作られたことから名づけられました。現在では北イタリアの様々な地域で生産されています。

適した料理

ゴルゴンゾーラ・ドルチェはそのままでもパンにつけても美味しく、ピッカンテはパスタソースやリゾット、ピッツァによく合います。ゴルゴンゾーラのピザはハチミツと共に食べられることでも有名ですね。

stilton-blue-cheese-3491_640 ブルーチーズの定番5種  チーズの王様ってどのチーズ?

スティルトン

エリザベス女王の大好物としても知られたスティルトンチーズ。セミハードタイプの砕けやすいチーズで、濃厚でまろやかな味わいと青緑色の葉脈が特徴です。牛の乳から作られ、独特の円筒形をしています。食べてすぐ寝るとおかしな夢を見るという噂もあるのでその話で名前を覚えた方もいるかもしれません。個人的な話ですが、イギリスと日本の間で貿易協定が結ばれたときにイギリス人のツイッターの複数のコメントで日本人も悪夢を見ることになると言われていて笑った記憶があります。笑

原産地は?

その名の通り、イギリスのスティルトンであり、その町でしか法律上製造できません。生産地としてはイギリスの3つの郡で生産されています。ダービーシャー、レスターシャー、ノッティンガムシャーの3つの郡です。

相性の良い料理

スティルトンはポルトガルのワインであるポートワインと一緒に食べるのが伝統的です。スープやサラダに加えると風味豊かになり、キッシュや焼き菓子にも最適です。

ブルー・ドーヴェルニュ 

クリーミーでしっとりとしたチーズで強い刺激的な風味が特徴。牛の乳から作られ他のブルーチーズに比べ塩分が比較的少なめだ。熟成期間は二から二か月ほどと短いのも特徴です。

原産地は?

その名の通りフランス中南部のオーベルニュ地方で作られた。Bleu d’Auvergne、つまりオーベルニュの青です。1850年代に初めて作られました。

適した料理

チーズボードやサラダのドレッシングに、また、ソースに溶かしたり焼いた肉にかけたりするのもよいでしょう。

デンマーク・ブルー

デンマークブルー(ダナブル)は、クリーミーで半熟のチーズでシャープで塩味のある味わいです。牛の乳から作られ、青い血管が網目状になっているのが特徴です。

原産地は?

こちらも20世紀初頭に誕生した比較的新しいチーズですが、現在では世界的に有名なチーズとなっています。次に説明するロックフォールの代替品として作られた面があります。

適した料理

サラダやドレッシング、ステーキのトッピングによく使われます。また、果物やしっかりした赤ワインともよく合います。

ロックフォール チーズの王様

洞窟で5か月熟成される、通称、チーズの王様です。ロックフォールはクリーミーで砕けやすいチーズで、シャープでピリッとした風味と独特の青い葉脈が特徴です。特徴としては羊の乳から作られ、天然の石灰岩の洞窟で熟成されます。

原産地

南フランスのロックフォール・シュル・スールゾンという町が原産地。なんと15世紀にシャルル6世により独占権が与えられたという長い歴史を持ちます。伝統的な製法で作られたものでなければならないため、AOC規制で保護されています。

相性の良い料理

ハチミツやイチジクなどの甘い食材と相性がよく、サラダやドレッシング、ソースのベースとして最適です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました