ベーグル パンとドーナツに並ぶ第三の選択肢

ベーグル パンとドーナツに並ぶ第三の選択肢ヨーロッパ

ベーグルは、中央に穴の開いた丸い形が特徴的な、世界で最も認知度の高いパン製品の1つです。東ヨーロッパ、特にポーランドのユダヤ人社会から生まれたベーグルは、密度が高く噛み応えのあるパン製品で、通常焼く前に茹でるため特徴的な食感と光沢があります。

ベーグルの歴史

正確な起源は謎に包まれていますが17世紀にポーランドのユダヤ人社会で初めて作られたと言われています。ポーランドのユダヤ人の主食であり出産を控えた女性に贈られることも多かったようです。20世紀初頭に東欧からのユダヤ系移民の増加に伴い米国でも人気を博しました。その後はユダヤ人社会だけでなく広くアメリカ社会で朝食や昼食として親しまれるようになった。

伝統的なベーグル製造のテクニック

ベーグルの種類

伝統的なベーグルはプレーンなものですが、長い年月をかけてドーナツのように多くのバリエーションが生み出されてきました。セサミ、ポピーシード、オニオン、ガーリック、エブリシング(様々なトッピングをミックスしたもの)、シナモンレーズンなどが代表的なものです。

また、生地についても違いがあります。より伝統的なニューヨークスタイルのベーグルは、高密度で噛み応えがあり、かなり大きいものが多いです。対照的にモントリオールスタイルのベーグルは小さく低密度です。またモルトや蜂蜜を加えることで甘くなり、薪釜で焼かれたものと区別されることがあるようです。

ベーグルとクリームチーズ

ベーグルはよくクリームチーズと一緒に食べます。この伝統は20世紀初頭にニューヨークで始まり、瞬く間に広まりました。ロックスと呼ばれるスモークサーモン、ケッパー、レッドオニオン、トマトを加えるなど、さまざまなバリエーションがあります。この組み合わせは、”ベーグル&ロックス “と呼ばれます。

Einstein Bros. Bagelsのベーグル。クリームチーズをたっぷり塗って美味しそうだ。

今日のベーグル

今日、ベーグルは世界中のあらゆる文化圏の人々に親しまれています。具体的に名前を挙げるなら、アインシュタイン・ブラザーズ・ベーグル、ブリューガーズ、そしてダンキンドーナツといった大手チェーンがベーグルをさらに普及させました。ベーグルのトッピングやフィリングは、古典的なものからとんでもないものまでいろんなものがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました