世界の肉牛3種 アンガス牛ってどんな牛?

世界の肉牛3種 アンガス牛ってどんな牛?素材

牛肉とは。和牛のような霜降り肉はなぜとろける?

一般的に牛肉は豚肉に比べて亜鉛や鉄などのミネラルが豊富である。

肉の色についてみると、はミオグロビンの重要な要素であり、肉に赤色を与え、筋肉細胞内での酸素運搬を助けるタンパク質である。

そのため、豚肉の淡い赤色やピンク色に比べ、牛肉は濃い赤色をしている。

牛肉の不飽和脂肪酸はしばしば筋繊維と混ざり合い、口の中でとろける肉の脂、いわゆる霜降りとして知られる特徴で、肉の風味、ジューシーさ、柔らかさに寄与している。

更に牛肉はその筋繊維の構造により緻密でしっかりとした食感を持ち、強く香ばしくまるでバターのような風味がある。この強い風味は、牛肉に豊富に含まれるクレアチンやアンセリンといった特定の化合物の存在によるところが大きい。


肉牛はタンパク質やその他の必須栄養素の供給源として、世界中で主要なたんぱく質供給源の一つである。そして肉牛には様々な品種があるがここではこの地球上である意味今最も繁栄をしている代表的な三種を紹介したい。

アンガス牛

アンガス種は中型の牛で黒が基本的に多い。また赤毛の場合もある。

柔らかく食べ応えがありつつ、霜降りの上質な肉質である。原産地はスコットランド、特にアバディーン郡と、その名の元になったアンガス郡だ。

そしてアメリカのアンガス牛も有名だがそちらは19世紀後半に導入されました。その後世界で最も人気のある牛肉種のひとつとなっています。アメリカの牛としてアンガス牛自体を認識している人も多いかもしれません。

こちらの動画のは黒毛ですが、赤毛のアンガス牛もいます。

適した料理としてはアンガス牛の霜降り肉は、グリルやバーベキューに最適です。ジューシーなステーキ、またローストビーフ、食欲をそそるブリスケットなどがおすすめです。

ヘレフォード牛

白い顔と赤褐色の体で知られるヘレフォード種はおとなしい性格と効率的な成長で知られています。

赤身が多く、風味豊かな肉質が特徴です。こちらは18世紀にイギリスのヘレフォードシャーで開発された品種です。

その丈夫さと適応力の高さから、アルゼンチンのパンパからシベリアの大草原まで、さまざまな気候の地域で人気がある。

ヘレフォードビーフはローストやスロークッキングに優れているとされる。ポットローストやビーフシチュー、イギリスの伝統料理であるローストビーフとヨークシャープディングに最適な品種だ。

シャロレー牛

シャロレー牛は白またはクリーム色の牛で、筋肉と赤身肉で知られています。

上記二つは霜降り肉がとれますが、このシャロレー種ではあまりとれません。

こちらがシャロレー牛。大きい物はもっと大きくホルスタインくらいの大きさである。

成長速度が比較的速く肉質が良いことで評価されています。

原産地は先の英国原産の二つと違って、フランスのブルゴーニュ地方のシャロレー地区で、20世紀に入ってから世界各地に導入された品種です。現在ではヨーロッパだけでなく、アメリカ大陸、オーストラリアでもよく見られる肉牛です。

アスリートな漢字の赤身で柔らかい肉質は、さまざまな料理に適している。ステーキ、串焼き、そしてシャロレー原産地フランスの名物のビーフブルギニョンのようなじっくり煮込んだ料理がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました