4つの鶏

4つの鶏ヨーロッパ

鶏肉は牛肉や豚肉よりもカロリーが低いとよく言われる。それは主に脂肪の含有量に起因します。鶏肉、特に皮なしの鶏胸肉は、牛肉や豚肉のほとんどの部位よりも赤身が多い。脂肪はタンパク質よりもカロリーが高く、タンパク質が1グラムあたり4キロカロリーであるのに対し、脂肪は1グラムあたり約9キロカロリー。

鶏肉は脂肪が少ないので、カロリーも低い。

さらに、脂肪の種類も重要だ。牛肉や豚肉は飽和脂肪酸を多く含むが、鶏肉は不飽和脂肪酸を多く含み、特に皮なしの場合はその傾向が強い。

有名な4種類の鶏の違い

鶏は最も一般的な家畜のひとつですが、その種類は豊富で、それぞれにユニークな特徴や起源、料理としての利点を持っています。この連載では、4つの鶏の品種を取り上げ、それぞれの違いや料理との相性をわかりやすく解説します。

ロードアイランド・レッド

特徴

丈夫で順応性が高く、濃い赤色の羽、赤褐色の卵、穏やかな性格で知られています。卵を産むのに最適な鶏です。

原産地は?

19世紀後半にアメリカのロードアイランド州で開発され、現在では世界で最も人気のある裏庭用鶏種の一つです。

適した料理

やはり卵料理。キッシュやフリッタータ、定番のエッグサラダなど、新鮮な卵を使った料理に適しています。

プリマスロック(バーレッド・ロック)

特徴

プリマスロックは、黒と白の縞模様の羽が特徴的で、しばしばバーレッド・ロックと呼ばれ、大型で人懐っこい鳥です。茶色の卵を産み、肉と卵の両方を提供する二刀流として重宝されています。

原産地は?

19世紀半ばにマサチューセッツ州で初めて確認されたアメリカの品種。多用途でおとなしい性格のため、これも裏庭でニワトリを飼う人たちの間で人気がある。

適した料理

プリマス・ロック・チキンは、キッチンでの調理に適しています。肉は柔らかくて風味がよく、ローストやグリル、チキンスープに最適です。

サセックス

特徴は?

サセックス種の鶏は様々な色がありますが、最も一般的なのは白色系です。茶色の大きな卵を産む種類であり、肉の収穫量が多いことでも知られています。

原産地は?

イギリスのサセックス州で、ローマ時代から認められていた品種です。2つの用途を持つことから、世界中で愛されている。

適した料理

サセックス種の肉はジューシーで風味がよく、やはりローストに最適です。また、豊富な卵は、オムレツやカスタード、お菓子などに最適です。

レグホーン

特徴は?

レグホーンは小型で活発な鳥で、白色種が最も一般的です。白い卵をたくさん産み、様々な気候に対応することができる優れたレイヤーです。

原産地は?

イタリアが原産で、19世紀初頭にアメリカに輸入されました。その後、その産卵能力の高さから、商業用鶏肉として最も一般的な品種のひとつとなっています。

適した料理

レグホーンエッグは、軽くてふわふわした食感が必要な料理に最適です。スフレ、メレンゲ、エンゼルフードケーキなど。また、肉類も豊富ではありませんが、赤身が多く、チキンサラダや炒め物など、さまざまな料理に利用することができます。

まとめ

一言でそれぞれまとめてしまえば丈夫なロードアイランド・レッド、多才なプリマスロック、ジューシーなサセックス、多産なレグホーンでしょうか。それぞれの品種は何世紀にもわたる品種改良によって磨かれ、一つの鶏というカテゴリーでありながら独特の個性をもっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました