うなぎパイの話 ローリングストーンズやクラプトンがいたうなぎパイの島とは?

うなぎパイの話 ローリングストーンズやクラプトンがいたうなぎパイの島とは?ヨーロッパ

うなぎパイのルーツ

ルーツは中世イギリスまでさかのぼります。

テムズ川をはじめとするイギリスの川に豊富に生息していたウナギは、大衆、特に労働者階級の間で人気の食材でした。

パイは伝統的に刻んだうなぎをハーブやスパイスで味付けしたパイ生地で包み、完璧に焼き上げたものです。

パイの文化的意義

今でも貴族院や爵位があるように階級社会であるイギリス。しかし高価な香辛料やワインで飾ってウナギを食べていた富裕層と、安価なタンパク源としてウナギを利用した貧困層の双方にとって、うなぎパイは共通の食べ物でした。

文学や文化にも登場している。特にチャールズ・ディケンズは作品中に何度もウナギパイを登場させロンドンのウナギパイ・ハウスを鮮明に描いています。

このような店は多くの地域で社会生活の中心的存在であり、パブのように人々が集まりニュースを共有し、もちろん心のこもったウナギパイを楽しむ場所として機能していたのです。

70年代のロンドンイーストエンドのウナギパイハウスの様子 とてもいい雰囲気だ。

ウナギ文化の衰退

20世紀に入るとウナギパイの人気は衰えます。

その主な理由はイギリス海域のウナギの生息数が減少したからです。乱獲、汚染、河川管理の変化などにより生息数が大幅に減少してウナギが高価になり手に入りにくくなりました。

大西洋ではなく、太平洋の島国である現在の日本のウナギ文化の現在の状況にも似ていると思います。現在の東京である江戸、有名な江戸前寿司と同じくらいにウナギのかば焼きはポピュラーな料理でしたが今では高級品です。

そしてこうした生息数の減少と高級化の結果、かつては頻繁に食べられていたうなぎパイはイギリスの食卓で見かけなくなったのです。

うなぎパイの今、そしてウナギパイの島

一部のシェフや料理愛好家は、この食の遺産を守りたいという思いからウナギパイをメニューに復活させています。

新しい食材や味付けを取り入れるなどした現代風アレンジのもありますが、クラシックなスタイルがやはり一番人気があります。

文化ついでに言うと、うなぎパイはイギリスの音楽シーンとも変わったつながりがあります。ロンドン南西部のテムズ川に浮かぶ島「イールパイ・アイランド」は、1960年代にリズム&ブルース音楽の温床となりました。

ウナギパイの島

ローリング・ストーンズ、ザ・フー、エリック・クラプトンなど、有名なミュージシャンもこの島に滞在していました。その後もヒッピーの中心地となったり、ミュージックシーンにおいて伝説的な島として今でも有名な観光地となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました